アートメイクを始めたきっかけ

アートメイク前の悩み

私がアートメイクをしたのはアイラインの上下で、今から約9年程前、当時は24歳でした。

元々、メイクや美容に関しては興味がある方なので、当時もまつ毛パーマやまつ毛エクステなどひと通りの事はお試ししていました。そのおかげで、メイク時間の短縮が出来たりで良かったのですが、やっぱり気になるのが、お風呂上がりのスッピン姿。普段ばっちりアイメークをしていると、悲しい事に、スッピンになると急に目力が無くなっちゃうんですよね。

まつ毛パーマやまつ毛エクステのおかげで、ノーメイクでも大分目元はパッチリするのですが、やっぱりどーしても目元のぼやけ具合が気になる。

それに、プールや海水浴の際は殆どメイクが出来ないので、ファンデーションにまつ毛パーマやまつ毛エクステだけだと、何かちょっと物足りない感じがするし、ウォータープルーフの化粧品を使っても、やっぱり若干落ちちゃうので気づくとパンダ目に・・・。

本当にウォータープルーフで落ちない化粧品や、スッピンになっても目力がキープ出来る良い方法はないのかな?と悩んでいた時に、同じように(私以上に)メイクや美容に興味のある姉が、お友達にアートメイクをしてもらったのがきっかけでした。

やろうと思った決め手

施術してくれる人は姉のお友達だから安心だし、施術後の仕上がり具合と、姉曰く「全然痛くなかった」「途中で寝ちゃった」の一言で、なら私もやりたいっ!となり、アイラインの上下をする事にしました。

最初は不安だった

アートメイクをするにあたって、もちろん不安もありました。

女性なら誰でも、新しい化粧品や美容関連の施術を試す時など、顔(体)に何かする時は、自分に合わなかったら・・・。もし変になったら・・・。と言った不安はつきものですよね。
ましてアートメイクと言ったら、何となくイメージ的に「刺青を入れる」というマイナスイメージと、「もの凄く痛そう」「失敗しても消せない(変になったらどうしよう)」「年をとったらどうなるのかな」等の痛みや仕上がり具合に対する不安要素があって、なかなか勇気が出なかったり。

私の場合は運良く、姉が先に上下アイラインの施術をした事で、ひと通りの経過を観察出来たこと、そして気になる疑問のアレコレを、直接姉に色々と聞けた事が不安解消になりました。
やっぱり、身近な人の意見や感想が聞けるって重要ですよね。

不安解消のきっかけ

今は何気に、密かにアートメイクをしている人って結構いるんですよね。当たり前かもですが、みんな自らアートメイクやってます!って言わないだけで。

今アートメイクをしようか迷っている方は、いろんな人に聞いてみるのも良いかもですよ。
それこそ、ネイルサロンに行った時に、担当のネイリストさんと雑談中に聞いてみるとか。個人的な思い込みかもですが、美容関連のお仕事をしている人は美意識が高い人が多いので、色々やっている人が多そうな気がします。

私は美容関連ではないのですが、仕事関係で仲良しになった方にアートメイクについて相談したら、実はその方もアートメイクをしているとの事で、その方からも色々な情報を教えて貰えました。(ちなみにその方とは、月に2~3回の頻度でお仕事でお会いしていたのですが、アートメイクをしている事を教えて貰った後でも、全然分からないくらい自然で綺麗なナチュラルな仕上がりでした。)

なので、何気にみんな密かにやってるし、刺青的な重い印象ではなく、あくまでも落ちないメイクっていう感覚なのね。気にしすぎちゃったかな。と、最終的にはアートメイクに対する印象もすっかり変わって、いつの間にか不安よりも期待感の方が大きくなっていました。

アートメイクをやりたいけど色々と怖いな、不安だな。と思っている人は、出来れば実際にやっている人に直接感想などのお話しを聞いてみて、決めるのが一番良いかと思います。

実際、私のお友達にも、アートメイクをやりたいけど、私と同様の不安感を持っている子がいたのですが、私や周りの人の体験談や感想を聞いて、やる事に決めた子もいますので、私の体験談が参考になれば良いなと思います。